性行為中にもしもコンドームが破れてしまったら・・・。予想外の時のための避妊方法としてピルを用いることで防ぐことが可能です。また避妊ピルは病院以外でも通販サイトを利用し安価で購入できます。

性行為中の男女の写真

ピルや避妊薬は若年性更年期障害のイライラに効果?

ピルの様な避妊薬は、正しい使い方をすることで高い避妊の効果を発揮することが出来ます。しかしピルの働きはそれだけでなく、ホルモンバランスを整え肌の状態を良くしたり月経前症候群の症状の緩和をすることも出来ます。どのピルにも妊娠時に多く分泌される女性ホルモンである黄体ホルモンが配合されています。これを摂取することで脳が身体は妊娠したと勘違いし、排卵を停止することで避妊に繋がるのですが、更年期障害や若年性更年期障害を発症した人に治療の一環として処方する医師もいます。
更年期と呼ばれる40代後半ごろから女性ホルモンは減少し、その影響でイライラしたり顔のほてりや頭痛などの症状が起こります。治療の一環として女性ホルモンを直接注射する方法もあるのですが、ホルモン注射ではなくピルを服用することで女性ホルモンを摂取し、症状を緩和したり無くしたりすることを目的としています。
若年性更年期障害の原因は様々です。太り過ぎや痩せすぎ、過度なダイエット、ストレスなど、ホルモンバランスの乱れが原因だったりや卵巣機能の低下が原因なのかは検査をしないと分かりません。仮に卵巣機能の低下が原因ならばピルでは治療が出来ないかもしれませんが、ホルモンバランスの乱れが原因ならば、ホルモンバランスを整える働きのあるピルは有効な手段の1つと言えます。そのため更年期障害や若年性更年期障害だと思われる症状が出ている場合は、一度婦人科に赴き、検査をしてもらうと良いでしょう。医師がベストな治療法を選んでくれますが、どの様な治療法があるのかを先に知っておけば、相談しながら治療法を選ぶ際には役に立つと思います。またこちらからも相談しやすくなるでしょう。