性行為中にもしもコンドームが破れてしまったら・・・。予想外の時のための避妊方法としてピルを用いることで防ぐことが可能です。また避妊ピルは病院以外でも通販サイトを利用し安価で購入できます。

性行為中の男女の写真

避妊薬は女性ホルモン低下を防げるのか?

女性が積極的に避妊をしたいという場合におすすめなのが、経口避妊薬です。ピルとも呼ばれる薬で、二種類の女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれており、脳下垂体に働きかけることによって排卵を抑制して子宮頸管の粘膜を変えて精子の子宮への侵入を防ぎ、子宮内膜を変えることによって受精卵を着床しにくくする効果があります。
きちんと女性ホルモンが働くようになるため、高い避妊率だけではなく月経困難症を軽減する効果や生理周期が整う、子宮内膜の治療効果、子宮体がんや卵巣がんなどの発症リスクを低下させることなどの効果を期待することができます。
閉経する50歳前後である45~55歳の十年間を更年期といいます。この更年期に入ると女性ホルモンのバランスは大きく変化していきます。ホルモンバランスが崩れるため、自律神経も乱れてしまい火照りやのぼせ、めまいなどの肉体的な症状やイライラや憂鬱、やる気がでないなどの精神的な症状として影響が出てきてしまう可能性があります。日常生活にも支障をきたすぐらいのものを更年期障害といいます。
更年期障害の原因はホルモンバランスの崩れのため、女性ホルモンが利用されるピルも効果があるように考えてしまいますが、更年期障害の治療に使われるホルモンは天然のものに近いモノが利用されるのに対し、ピルは人工的に合成したもので使用目的が違うためホルモン治療の変わりに更年期の人が飲んでしまうと危険です。
しかし、完全に効かないわけではなく、40代になるとおこるプレ更年期と呼ばれる女性ホルモンの分泌が減り始めた影響が表れた時期に飲むのは効果的だとされています。
ホルモンバランスが崩れるとさまざまな影響が出てきてしまうため、整える生活をすることも大切です。